ここから本文です

介護保険事業者における事故報告について

作成・発信部署:健康福祉部 介護保険課

公開日:2020年4月1日 最終更新日:2020年7月13日

はじめに

介護サービスの提供により事故が発生した場合は、利用者の保険者及び事業所を設置している市区町村への報告が義務付けられています。
また、介護保険外サービスの宿泊サービス提供中の事故についても報告が必要です。

報告が必要な事故の範囲

事業者の責任の有無に関わらず、下記に該当する場合は報告が必要です。

  • サービスの提供中(送迎、通院等も含む)に、利用者がけがまたは死亡した場合

転倒、転落に伴う骨折や出血、火傷、誤嚥、異食及び誤与薬等で医療機関において治療(施設内における医療処置を含む。)または入院したものを原則とし、擦過傷や打撲など比較的軽易なけがを除く。利用者や第三者に起因するものを含む。

  • 感染症、食中毒、結核及びかいせんが発生した場合
  • 従業者による法令違反または不祥事等が発生し、利用者の処遇に影響がある場合
  • 震災、風水害及び火災その他これらに類する災害により、介護サービス等に影響する重大な事故が発生した場合
  • 市から特に報告を求められた場合

報告の手順

事故報告の手順は、次の通りです。

第一報

事故が発生した場合、速やかにご家族に連絡するとともに、事故報告書により市長へ報告してください。利用に係る居宅介護支援事業所にも報告をお願いします。
緊急性が高いものは、電話等迅速な手段により仮報告を行ってください。

途中経過及び最終報告

途中経過の報告は適宜行ってください。
事故処理が終了したら、事故報告書をもれなく記載し、最終報告を行ってください。
ただし、第一報の時点で事故処理が終了している場合は、第一報を最終報告とすることができます。その場合には、事故報告書の項目を全て記載して提出してください。

対応

市長は、当該事業者の対応状況により、保険者として必要な対応を行います。
また、必要に応じて東京都及び他の市区町村並びに東京都国民健康保険団体連合会と連携を図ります。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 介護保険課 介護事業者指導係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2628、2629) 
ファクス:0422-29-9820

介護保険課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る