ここから本文です

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2022年4月1日 最終更新日:2022年6月23日

令和4年度より、定期接種対象者には予診票をお送りします

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種は、平成25年4月1日より定期予防接種となりました。
しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、平成25年6月14日付で厚生労働省より、同副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種勧奨を控えることとされてきました。

その後、このワクチンの有効性及び安全性に関する評価、接種後に生じた症状への対応、情報提供の取り組み等について継続的に議論が行われ、昨年秋、改めてこのワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。

このことから、令和3年11月26日付厚生労働省の通知をもって、積極的勧奨を差し控える状態を終了し、令和4年度より順次、個別勧奨を再開することとなりました。

厚生労働省通知:ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について(外部リンク)

三鷹市では、令和4年4月から6月にかけて、対象のかたに予診票をお送りします。

定期接種対象者のかたへ

対象者 

12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(小学6年生から高校1年生相当)(標準接種年齢:13歳となる年度の1年間(中学1年生相当)

予診票等の送付時期

  • 高校1年生・中学3年生:令和4年4月27日に発送しました
  • 中学2年生:令和4年5月24日に発送しました
  • 中学1年生:令和4年6月17日に発送しました
次のかたはお問い合わせください
  • 小学6年生のかた(標準接種年齢前のため、接種希望のかたのみ送付します)
  • 令和4年度以降三鷹市にご転入されたかたで、予診票が届いていないかた
お問い合わせ先
健康推進課保健総務係 0422-24-8050

積極的勧奨を差し控えていた時期に接種機会を逃したかたへ

積極的勧奨を差し控えていた期間(平成25年~令和3年)に接種機会を逃したかたを対象に、キャッチアップ接種を実施しています。

対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性(令和4年度に高校2年生から25歳になる女性)

キャッチアップ接種の実施期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

予診票等の送付時期

  • 高校2・3年生:令和4年5月18日に予診票を発送しました
  • 19歳・20歳になるかた:令和4年5月31日に予診票を発送しました
  • 21歳から25歳になるかた:令和4年6月21日にご案内を発送しました(予診票はお送りしていません)

21歳から25歳になるかたで、キャッチアップ接種をご希望のかたは、健康推進課保健総務係(0422-24-8050)へお電話いただくか、電子申請サービス(外部リンク)よりお申込みください。

令和4年度以降に三鷹市にご転入されたかたは、お送りできていない場合がありますので、お問い合わせください。

キャッチアップ接種開始前に自費で接種を受けたかたは
積極的勧奨の差控えにより定期接種の機会を逃したかたで、キャッチアップ接種の開始前に全額自費で接種を受けたかたに対する償還払い(払戻し)を今夏より実施する予定です。詳細が決定しましたら、三鷹市ホームページや広報みたかにてご案内します。

接種方法

三鷹市乳幼児予防接種協力医療機関一覧表に掲載されている医療機関にご予約のうえ、予診票と母子健康手帳を医療機関へご持参ください。

  • 近隣市区(調布市、武蔵野市、小金井市、杉並区及び世田谷区)の協力医療機関でも、三鷹市の予診票で接種が可能です。
  • ご事情により、三鷹市及び上記5市区の協力医療機関以外で接種を希望するかたは、事前申請が必要です。三鷹市外で予防接種を希望する場合(乳幼児)のページで、申請方法をご確認ください。

接種スケジュールについて(接種間隔と回数)

サーバリックス(2価) 計3回接種
1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から5カ月以上かつ2回目の接種から2カ月半以上あけて3回目を接種
標準的には、1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から6カ月以上の間隔をあけて3回目を接種
ガーダシル(4価) 計3回接種
1カ月以上の間隔をあけて2回接種後、2回目の接種から3カ月以上の間隔をあけて3回目を接種
標準的には、2カ月以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から6カ月以上の間隔をあけて3回目を接種

接種にあたってのご注意

接種による有効性が副反応のリスクを上回ることが確認されましたが、すべての予防接種には、効果とリスクが存在します。

予防接種を受けるにあたっては、かかりつけ医と相談するなど、その有効性と接種による副反応のリスクをご本人、保護者とも十分に理解したうえで受けるようにしてください。

保護者の同意書について

未成年(18歳未満)のかたの接種には、原則保護者の同伴をお願いしています。しかし、やむを得ず保護者が同伴できない場合は、接種日時点で13歳以上のかたは、保護者同意のうえ、ご本人のみでの接種も可能となっています。

13歳以上16歳未満のかたがご本人のみで接種に行かれる場合には、保護者のかたの同意書及び予診票への事前の保護者のかたの署名の双方が必要です。

同意書は、このページ下部に添付しておりますので、ダウンロードしてご利用ください。

注意事項
16歳・17歳のかたは、同意書は必須ではありませんが、事前に保護者のかたがこの接種についてよく理解し、同意したうえでの接種をお願いします。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種に関する情報

接種にあたっては、下記の情報をお役立てください。リーフレットは、予診票とあわせてお送りします。接種前に、ぜひご本人・保護者様ご一緒にお読みください。

ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)(外部リンク)

HPVワクチンに関するQ&A(外部リンク)

小学校6年から高校1年相当の女の子と保護者のかたへ大切なお知らせ(概要版)(外部リンク)

小学校6年から高校1年相当の女の子と保護者のかたへ大切なお知らせ(詳細版)(外部リンク)

HPVワクチンを受けたお子さまと保護者のかたへ(受けた後版)(外部リンク)

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種に関する相談窓口

接種全般に関する相談窓口(厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口)

電話番号:050-3818-2242

受付時間:平日9時から17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

接種後に症状が生じたかたの相談窓口(東京都)

ワクチン接種後に体調の変化があった場合には、すぐに接種を受けた医師またはかかりつけ医にご相談ください。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じたかたに対する相談窓口について(外部リンク)

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(外部リンク)

予防接種健康被害救済制度

予防接種法に基づく予防接種を受けたかたに健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度について(外部リンク)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-24-8050 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る