ここから本文です

三鷹市名誉市民(3)

作成・発信部署:企画部 広報メディア課

公開日:2016年11月4日 最終更新日:2015年11月5日

 昭和26年12月24日第6回市議会定例会で議員提案による「三鷹市名誉市民条例」が一部修正のうえ可決され、昭和27年1月1日施行された(昭和55年9月29日改正)。

 三鷹市では、この条例に基づき、学芸、技芸、その他の文化の進展に貢献、あるいは本市の発展、市民生活の向上に尽くし、広く市民の尊敬を受ける市民または本市に縁故の深い人を、議会にはかり名誉市民に推挙している。

 現在までに、作家・武者小路実篤、作家・山本有三、元市長・鈴木平三郎、日本画家・福王寺法林、天文学者・古在由秀、アニメーション映画監督・宮崎駿、作家・津村節子が名誉市民となっている。

画像:写真:津村節子氏

津村節子氏

津村節子(作家)

 平成27年9月推挙。昭和3年福井県福井市生まれ。学習院大学短期大学部文学科を卒業後、作家の吉村昭氏と結婚。昭和39年に『さい果て』で新潮社同人雑誌賞、昭和40年に『玩具』で芥川賞を受賞。

 昭和44年から三鷹市に住み、平成10年に『智恵子飛ぶ』で芸術選奨文部大臣賞を受賞、平成15年には長年にわたる作家としての功績が認められ恩賜賞・日本芸術院賞を受賞とともに、日本芸術院会員となる。

 平成23年に『異郷』で川端康成文学賞を、『紅梅』で菊池寛賞を受賞、平成28年に文化功労者の顕彰をうける。三鷹市の名誉市民は津村氏で7人目となり、女性としては初めての名誉市民。

このページの作成・発信部署

企画部 広報メディア課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

広報メディア課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る