ここから本文です

大気汚染医療費助成制度のご案内

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2017年3月27日 最終更新日:2022年1月13日

総合保健センターで申請を受け付けています

 東京都は、大気汚染の影響を受けると推定される疾病(気管支ぜん息など)について、一定要件を満たすかたを対象に、医療費の助成をしています。

対象となるかた

 次の5項目全てを満たしていることが必要です。

  1. 18歳未満のかた(18歳の誕生日の属する月の末日までを含む)
  2. 気管支ぜん息、慢性気管支炎、ぜん息性気管支炎、肺気しゅ、またはいずれかの続発症にり患されているかた
  3. 東京都内に引き続き1年(3歳未満のかたは6カ月)以上お住まいのかた(住民登録されているかた)
  4. 健康保険などに加入されているかた
  5. 申請日以降喫煙しないかた
注意事項
平成27年4月1日から大気汚染医療費助成の新規申請の対象年齢が、これまでの「全年齢」から「18歳未満(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にあるかたを含む)」となりました。18歳以上のかたは、現在認定を受けて医療券をお持ちのかたの更新申請のみ可能です。

助成の内容 ※平成30年4月1日から、一部自己負担が生じます

平成30年3月31日まで

 医療券に記載された疾病の治療に要した医療費のうち、保険適用後の自己負担額が全額助成されます。

平成30年4月1日から

平成9年4月2日以降に生まれたかた(18歳の誕生日の属する月の末日まで)
これまでと変わらず、対象疾病の医療費のうち、保険適用後の自己負担額が全額助成されます。
平成9年4月1日以前に生まれたかた
月額6千円までが自己負担となります。各医療機関等(病院、診療所、薬局)で医療費を支払う際には、自己負担限度額管理票※を必ず窓口に提示してください。

自己負担限度額管理票とは、1カ月あたりの負担額が限度額(6千円)に達しているかどうかを管理するもので、各医療機関等が医療費の支払額を管理票に記載します。
自己負担限度額管理票は、平成30年4月1日から使用できる医療券と併せて東京都より送付されます。

助成の期間

平成9年4月2日以降に生まれたかた(18歳の誕生日の属する月の末日まで)

新規
次のいずれか短い方の期間
[1]窓口で申請を受理した日から起算して2年を経過した日以降の直近の誕生日の属する月の末日まで
[2]18歳の誕生日の属する月の末日まで
更新
次のいずれか短い方の期間
[1]前回の医療券の有効期間満了の日の翌日から2年間
[2]18歳の誕生日の属する月の末日まで

平成9年4月1日以前に生まれたかた

更新のみ
前回の医療券の有効期間満了の日の翌日から2年間

申請手続

 申請に必要な書類を総合保健センターに提出してください。
 提出後、東京都の認定審査会での審査を経て、認定または非認定が決定されます。

 申請書類は、総合保健センター、市役所1階14番窓口または各市政窓口で配付しています。

申請に必要な書類

  • 認定申請書
  • 主治医診療報告書(申請日前3カ月以内に作成されたもの)
  • 住民票(申請日前1カ月以内に作成されたもの)
  • 健康保険証などの写し(高齢受給者証をお持ちのかたはその写しも必要)
  • 胸部エックス線フィルム(気管支ぜん息で申請するかたは不要。気管支ぜん息以外で申請するかたは、申請日前3カ月以内に撮影したもの)
  • 健康・生活環境に関する質問票(任意)

 ※2か所以上の住所を通算することによって、都内居住が1年(3歳未満は6カ月)以上となる場合は、前住所地の住民票の除票も必要です。

お問い合わせ先

申請受付窓口

健康福祉部 健康推進課 保健総務係(総合保健センター)
電話番号0422-45-1151 内線4202~4204

制度の詳細について

東京都福祉保健局 健康安全部 環境保健衛生課
電話03-5320-4492

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-24-8050 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る