ここから本文です

三鷹市浸水ハザードマップ

作成・発信部署:総務部 防災課

公開日:2020年7月1日 最終更新日:2020年7月7日

画像:三鷹市浸水ハザードマップの全体像を写した写真(拡大画像へのリンク)

三鷹市浸水ハザードマップ

(画像クリックで拡大 59KB)

日ごろから浸水の危険性を確認しておきましょう!

浸水ハザードマップは、想定される最大の水深となるデータを5段階に色分けして表示しています。

自宅や職場、通勤・通学経路が浸水予測区域内に入っているかどうか、どの方向へ逃げれば安全か、避難途中に危ない場所がないかなど、災害が発生する前から確認しておくことが重要です。

※浸水ハザードマップは、災害の状況をリアルタイムで反映するものではありません。日ごろから確認しておき、いざというときにご活用ください。

三鷹市浸水ハザードマップを更新しました

東京都が「野川・仙川流域」(令和元年6月公表)、「神田川流域」(平成30年3月公表)、「城南地区河川流域」(平成30年12月公表)の大雨による河川の増水・雨水による浸水の想定を更新したことに伴い、「三鷹市浸水ハザードマップ」も更新しました。

新しい浸水ハザードマップは、令和2年6月に三鷹市内全戸に配布しました。いざというときにすぐに見られるように、自宅の分かりやすい場所に掲示しておくと安心です。
また、ページ下部の添付ファイルからは、浸水ハザードマップのPDF版をご覧いただけます。

主な変更点

対象降雨
東海豪雨(1時間114ミリ、総降雨量589ミリ)から想定最大規模降雨(1時間153ミリ、総降雨量690ミリ)へ変更

   ※想定最大規模降雨とは、1,000年に1度発生する規模の雨です。

表示する浸水深さ
0.2メートル以上を表示から0.1メートル以上を表示へ変更

東京都が公表している浸水予想区域図は以下の窓口などでご覧いただけます

  1. 都庁第二本庁舎6階 東京都建設局河川部計画課(新宿区西新宿2丁目81号)
  2. 三鷹市総務部防災課(元気創造プラザ5階)
  3. 野川・仙川流域、神田川流域、城南地区流域浸水予想区域図(東京都建設局ホームページ)(外部リンク)
  4. 野川・仙川流域、神田川流域、城南地区河川流域浸水予想区域図(東京都下水道局ホームページ)(外部リンク)

※浸水予想区域図(野川・仙川流域)に関するよくある質問(東京都建設局ホームページ)(外部リンク)

※浸水予想区域図(神田川流域・城南地区河川流域)に関するよくある質問(東京都建設局ホームページ(外部リンク)

このページの作成・発信部署

総務部 防災課
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4511~4513) 
ファクス:0422-45-1190

防災課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る