ここから本文です

広聴活動(一般相談)

作成・発信部署:総務部 相談・情報課

公開日:2019年12月20日 最終更新日:2019年12月25日

 相談・情報課では、一般相談として職員が要望・苦情・相談・問い合わせを始めとする広聴業務を担当しています。
 一般相談は、面接または電話、ファクスで常時、市民の相談に応じています。
 要望や苦情等については「市民の声」用紙に記録し、市の方針、処理結果を担当部課に確認し、回答しています。
 相談・情報課が一般相談として受けた件数は、平成30年度2,837件で、前年度と比べ73件の増になっています。種別では、苦情47件、要望26件、相談713件、問い合わせ2,051件となっています。相談内容は、次のようなものでした。

相談内容

(1) 苦情 47件

 最も多かったのは、「市民のくらし」31件(66%)で、主に市の対応などの行政事務全般に対する苦情でした。次いで、「生活環境」4件(9%)で、生活環境全般やごみに関する苦情でした。

(2) 要望 26件

 最も多かったのは、「市民のくらし」19件(73%)で、主に「日常生活」に関することをはじめ、「行政一般」等についての要望がありました。

(3) 相談 713件

 最も多かったのは、「市民のくらし」に関することが309件(43%)で、「日常生活」全般についての相談のほか、法律などの専門的な相談については、専門相談につなぎました。次いで、相続や財産、結婚や家族のことなど「家庭生活」に関する相談が100件(14%)、高齢者や心身障がい者などの「福祉」に関する相談が83件(12%)、音や振動、ごみなどの「生活環境」に関する相談が74件(10%)ありました。

(4) 問い合わせ 2,051件

 最も多かったのは、「市民のくらし」2,011件(98%)で、各種専門相談の案内や、市役所をはじめ市内の施設の所在案内、また他の官公庁の所在やその事務手続きなど、市民生活のための多岐にわたる行政情報・生活情報の問い合わせでした。

(表1 「一般相談受付件数の推移」、表2 「一般相談内容別集計(平成30年度)」)

表1 一般相談受付件数の推移
年度 苦情 要望 相談 問い合わせ 合計
平成26年度 69 29 1,004 1,646 2,748
平成27年度 84 29 1,221 1,902 3,236
平成28年度 73 18 962 2,084 3,137
平成29年度 40 34 767 1,923 2,764
平成30年度 47 26 713 2,051 2,837
表2 一般相談内容別集計(平成30年度)
種別 内容 件数
市民のくらし 所在問い合わせ、税務相談、行政一般についての苦情・要望、日常生活相談、訴訟・調停、人権・治安、事故相談など 2,370
家庭生活 財産・親族・結婚・死亡・戸籍についての相談など 112
消費 貸金・借金、買物・売物、公共料金についての相談など 26
福祉 高齢者・生活困窮・年金・女性・子どもについての相談など 93
健康 保険・医療・育児についての相談など 21
仕事 就職・退職・職場についての相談など 32
教育・余暇 学校・各種学校・資格についての相談など 8
生活環境 音・振動の苦情・相談、生活環境・大気・日照・ごみについての相談など 83
すまい 土地・建物相談、賃借・売買・登記についての相談、公共住宅についての相談など 81
都市施設 交通・道路・上下水道についての相談・要望など 11
合計 - 2,837

このページの作成・発信部署

総務部 相談・情報課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-44-6600 
ファクス:0422-48-2810

相談・情報課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る