ここから本文です

海外渡航および帰国後の予防接種について

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2020年2月19日 最終更新日:2020年2月20日

事前にゆとりをもって準備を進めましょう

 海外生活で必要な予防接種は、通常の定期接種に加え、その国や地域によってさまざまです。また、留学に際して既定の予防接種が完了していることを要求する国もありますので、十分な時間的ゆとりをもって、準備と接種を進めましょう。詳しくは、各地域の検疫所や渡航者外来を専門とする医療機関(トラベルクリニックなど)等に相談してください。

参考
下記のサイトでは、海外渡航者に向けた予防接種情報が掲載されているほか、検疫所や専門の医療機関の検索等ができますのでご活用ください。

渡航前に確認したいポイント

  • 渡航先の国で必要な予防接種を確認しましょう
  • 定期予防接種を済ませましょう
  • 任意予防接種(定期予防接種以外)が必要な場合はお早めに医療機関へ相談しましょう

帰国後について

 帰国後には予防接種を受けていない、あるいは継続中の予防接種があれば続けて接種を受けましょう。なお、帰国後(転入時)の定期予防接種の手続きについては、下記の関連リンク先のページよりご確認ください。

注意事項
定期予防接種には対象となる年齢(期間)が定められています。海外渡航中に対象年齢を過ぎた予防接種については、任意接種(自己負担)となりますのでご注意ください。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204) 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る