ここから本文です

使い捨てプラスチックの減量について

作成・発信部署:生活環境部 ごみ対策課

公開日:2019年9月5日 最終更新日:2019年9月6日

画像:浜辺に打ち上げられたプラスチックごみ(拡大画像へのリンク)

浜辺に打ち上げられたプラスチックごみ

(画像クリックで拡大 104KB)

使い捨てプラスチックの削減に取り組んでいます

 資源の大量消費による気候変動や生物の多様性の損失が、国際的に深刻な問題となっており、特にプラスチックごみが海洋生態系に大きな影響を与えているのは喫緊の課題となっています。

 三鷹市では、使い捨てプラスチックの削減を図るため、市民の皆様や関係団体等と協働でマイバッグキャンペーンの実施や環境講座等による普及啓発に取り組んでいます。今後も引き続き、ごみ減量・資源化にご協力お願いします。

 

海洋プラスチック問題とは

 海洋プラスチックによる汚染は北極や南極など地球規模で広がっています。生態系を含めた海洋環境への影響、船舶航行への障害、観光・漁業への影響、沿岸地域住環境などへの影響が大きくなっています。近年ではマイクロプラスチック(5mm以下の微細なプラスチックごみ)が生態系に及ぼす影響も懸念されています。

市の主な取り組み

  • マイバッグキャンペーンやごみ減量キャンペーンなど各種キャンペーンの実施
  • リサイクルカレンダーやホームページ・アプリなどを活用したごみの分別やリサイクルの周知・啓発
  • 環境講座等の開催

 

プラスチックごみを減らすためにできること

  • マイバック、マイボトル、マイ箸などを持参する
  • プラスチック製のスプーンやストローなどをもらわない、使わない
  • ごみの少なくなるもの(詰め替え用)のものなどを選んで買う
  • ルールに従って分別して出す など

 

このページの作成・発信部署

生活環境部 ごみ対策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2533~2536) 
ファクス:0422-47-5196

ごみ対策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る