ここから本文です

よくある質問と回答:鷹場標石

作成・発信部署:スポーツと文化部 生涯学習課

公開日:2019年12月21日 最終更新日:2020年1月8日

質問

鷹場標石とはなんですか。どこにありますか。

回答

江戸城を中心に5里(およそ20キロメートル)以内は幕府の鷹場で、これより西が尾張徳川家の鷹場でした。三鷹はその境界にあり、「従是東西北尾張殿鷹場」などの文字が刻まれた境界を示す標石が、明和7(1770)年ごろに建てられました。
現在、市役所南側の雑木林内大沢の長久寺境内野崎の吉野家門前に各1本ずつあります(移設されたもので、原位置は定かではない)。
ちなみに、「三鷹」という地名は、明治22(1889)年に、野方・世田谷・府中の3領に分かれていた鷹場の10の村々が合併したことから名づけられたといいます。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 生涯学習課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2921、2922) 
ファクス:0422-29-9040

生涯学習課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る