ここから本文です

令和元年度星と森と絵本の家テーマ展示

作成・発信部署:スポーツと文化部 芸術文化課

公開日:2019年7月11日 最終更新日:2019年12月18日

画像:テーマ展示『宇宙とつながる』(拡大画像へのリンク)

テーマ展示 『宇宙とつながる』

(画像クリックで拡大 43KB)

見る・知る・感じる 絵本展 「宇宙とつながる」

わたしたちはなぜ宇宙のことを知りたいと思うのでしょう?

人は生まれたときから、この世界を知ろうとします。あかちゃんは、まわりのものをさわって確かめます。少し大きくなると、自分の足であるき、探検をはじめます。やがてもっと遠くへでかけるようになり、世界をひろげていきます。

そして世界は、そらへ、そのさきの宇宙へ……

宇宙とわたしたちのあいだにあるもの。宇宙のはじまりから、いまここにつながっているもの。ひろいひろい宇宙の片隅から、わたしたちは宇宙のことをどれだけ知ることができるでしょうか。

さあ、いっしょに、いまここから探検にでかけましょう!

会期

2019年7月7日(日曜日)から2020年6月29日(月曜日)まで

展示監修

  • 広松由希子氏(絵本研究家)
  • 縣秀彦氏(国立天文台天文情報センター普及室室長)
  • 高畠規子氏(国立天文台天文情報センター広報普及員)

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 芸術文化課 星と森と絵本の家
〒181-0015 東京都三鷹市大沢二丁目21番3号(国立天文台内)
電話:0422-39-3401 
ファクス:0422-39-3402

芸術文化課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る