ここから本文です

おくすり手帳を活用しましょう

作成・発信部署:市民部 保険課

公開日:2018年1月21日 最終更新日:2018年1月21日

おくすり手帳とは

 おくすり手帳とは、医療機関で処方された薬の名前、量、回数、飲み方や副作用歴などを記録するための手帳です。
 受診する時や薬を受け取る時は、必ず持っていきましょう。
 また、おくすり手帳は薬局ごとに持たずに、一冊にまとめましょう。

おくすり手帳のメリット

  • 複数の医療機関を受診している場合では、同じ成分の薬が出たり、既に飲んでいる薬の効果に影響を与える薬が出たりすることを防ぐことができます。
  • 副作用歴、アレルギー、過去の病気などの情報を伝えることができ、的確な治療の助けとなります。
  • 災害時や旅先での急病や怪我などの場合でも、自分の情報を正確に伝えることができます。

上手に活用して、自分の健康管理に役立てましょう。
おくすり手帳がほしい方は、かかりつけ薬局に相談してください。

このページの作成・発信部署

市民部 保険課 国保給付係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2386~2388) 
ファクス:0422-41-4531

保険課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る