ここから本文です

よくある質問と回答:市内大学の市民聴講生制度

作成・発信部署:スポーツと文化部 生涯学習課

公開日:2009年12月18日 最終更新日:2017年3月4日

質問

ルーテル学院大学、国際基督教大学、杏林大学の授業を一般市民が聴講できる制度があるとききました。

回答

三鷹市在住の18歳以上の市民(学生を除く。)を対象に、ルーテル学院大学、国際基督教大学、杏林大学(井の頭キャンパス)の授業科目の一部を聴講できる制度があります。受講料の一部を市が助成します。

ルーテル学院大学(前期・後期の2学期開設)

一人あたり年間1講座まで、1講座につき1,500円を助成します。

国際基督教大学(春・秋・冬の3学期開設)

一人あたり年間1講座まで、1講座につき1,500円を助成します。
※別に、大学独自の助成もあります。直接大学にお問い合せください。

杏林大学(井の頭キャンパス)(春・秋の2学期開設)

一人あたり年間1講座まで、1講座につき1,500円を助成します。

講座の募集時期に「広報みたか」および市ホームページでご案内します。
ルーテル学院大学、国際基督教大学は各大学にて、杏林大学は三鷹ネットワーク大学にて申し込み受付をします。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 生涯学習課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2921、2922) 
ファクス:0422-29-9040

生涯学習課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る