ここから本文です

一部負担金の減免及び徴収猶予

作成・発信部署:市民部 保険課

公開日:2012年6月3日 最終更新日:2012年6月3日

災害により資産に重大な損害を受けたとき、失業等により著しく収入が減少したときなど、特別な事情があり、病院での窓口負担額(一部負担金)の支払いが困難であると認められる場合は、申請により一定期間その一部負担金について、免除、減額または徴収猶予を行う制度があります。

特別な理由

  1. 震災、風水害、火災、その他これらに類する災害により死亡し、障がい者となり、または資産に重大な損害を受けたとき。
  2. 干ばつ、冷害、凍霜害等による農作物の不作、不漁、その他これらに類する理由により収入が減少したとき。
  3. 事業または業務の休廃止、失業等により収入が著しく減少したとき。
  4. その他の特別な事情があったとき。

減額の種類

  • 免除 … 病院の窓口での支払いは必要ありません。
  • 減額 … 支払額の一部が減額されます。
  • 猶予 … 一定期間の支払いが猶予され、期間経過後に支払いをしていただきます。

*世帯全員の収入や資産の状況を調査したうえで決定します。

申請に必要なもの

保険証
印鑑
世帯全員の収入がわかるもの
特別な理由に該当することがわかる証明書(り災証明書など)
その他収入状況や申請理由がわかる書類

このページの作成・発信部署

市民部 保険課 国保給付係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2386~2388) 
ファクス:0422-41-4531

保険課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る