ここから本文です

「福祉Laboどんぐり山(仮称)」事業計画の策定

作成・発信部署:健康福祉部 高齢者支援課

公開日:2022年4月1日 最終更新日:2022年4月1日

旧どんぐり山施設利活用プロジェクト「福祉Laboどんぐり山(仮称)」事業計画を策定しました

 本事業計画では、令和2年度に策定した旧どんぐり山施設利活用プランを前提として事業を具体化し、施設の運営形態や実施事業、収支計画等を定めました。

 計画の詳細については、下記の添付ファイルをご覧ください。

基本方針・事業理念

 高齢社会の到来に伴い、医療と介護の双方を必要とする高齢者がより一層増加していくことが見込まれ、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる社会づくりが必要になります。そのためには、三鷹市、市民、医療と介護を担う事業者、各研究機関等の関係団体の協働が不可欠となります。基礎自治体である三鷹市として、各主体の活動を支え、それぞれが単体で担うことが難しい課題の解決に取り組まなくてはなりません。

基本方針

 三鷹市立特別養護老人ホームどんぐり山廃止後の同施設を医療と介護を推進する機能を持つ拠点として整備します。まず、在宅医療・介護の先進的な技術を積極的に取り入れ、時宜にかなった最新の研究事業に取り組む拠点を整備します。併せて、優れた介護人財を育成する拠点として整備します。そして、そこで得られた成果が施設内で完結することなく民間事業者や地域住民に波及・還元し、相互作用により在宅医療・介護の推進に必要な資源を充実させていきます。これらの取組を通して、旧どんぐり山施設を市内事業者や在宅生活を望む高齢者やその介護を担う家族を支援する在宅医療・介護の推進拠点施設「福祉Laboどんぐり山(仮称)」として利活用します。

事業理念

 在宅医療・介護の先進的な研究や最新技術の活用、介護人財の育成と事業者支援を通して、在宅生活を望む高齢者が住み慣れた地域に住み続けて、その家族を含めた地域社会をより暮らしやすいものにしていきます。また三鷹市にとっても、市民の豊かな生活に寄与するとともに、介護保険制度の持続可能性を確保していきます。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 高齢者支援課 旧どんぐり山施設整備担当
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-29-8388 
ファクス:0422-48-2813

高齢者支援課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る