ここから本文です

新型コロナワクチン接種に関するよくあるご質問について

作成・発信部署:健康福祉部 三鷹市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部

公開日:2021年4月27日 最終更新日:2022年5月26日

FAQ(よくあるご質問)

対象者について

Q1.年齢制限はありますか?

※現時点の科学的知見に基づいて決められており、今後変更となる可能性があります

Q2.外国人は受けられますか?

居住実態が確認できるかたは対象です。短期滞在のかたは対象外です。

Q3.上記以外で接種できない人はいますか?

以下のかたは接種できません。
  • 接種日当日、明らかな発熱を呈しているもの(37.5℃以上)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなもの
  • 新型コロナワクチンの成分により、過去にアナフィラキシーを呈したことがあるもの
  • 新型コロナウイルス感染症に係る他の予防接種を受けたことがあるかたで、新型コロナウイルス感染症に係る予防接種を行う必要がないと認められるかた
  • その他予防接種を行うことが不適当な状態にあるもの

交互接種について

Q1.前回と別のワクチンの接種を受けてもよいですか?

3回目接種では、1・2回目と異なるメーカーでの接種(交互接種)が認められています。

また、3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても、どちらも安全性が確保されることが報告されています。

2回目接種では、1回目と同じメーカーのワクチンを使用します。

Q2.交互接種した場合に効果や副反応に違いはありますか?

1・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けたかたが、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社ワクチン(※)を受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇することが報告されています。

補足事項
武田/モデルナ社のワクチンは、日本において追加接種では50μgを接種することで薬事承認されていますが、この研究では100μgを接種した結果が報告されています。詳しくは厚生労働省ホームページ Q&A(外部リンク)をご覧ください。

副反応について

Q1.接種後の副反応にはどのようなものがありますか?

接種回数にかかわらず、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労感、寒気、発熱等があります。

3回目のワクチン接種について

3回目接種の副反応は、ファイザー社のワクチン・武田/モデルナ社のワクチンともに、2回目接種後と比較し、おおむね同程度であると確認されています。詳しくは、下記サイトをご覧ください。

厚生労働省ホームページ Q&A(外部リンク)

1・2回目のワクチン接種について

ごく稀ではあるものの、ワクチン接種後に軽症の心筋炎や心膜炎が報告されています(1回目よりも2回目の接種後に多く、特に若い男性に多い傾向が見られます)。
接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

Q2.接種後に体の異常があった場合はどうすればいいですか?

接種を受けた医療機関やかかりつけ医、東京都の相談窓口等にご相談ください。

都の相談窓口
東京都がワクチン接種後の副反応について、医療職による相談窓口を設置しています。
東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター
03-6258-5802(24時間対応 土曜・日曜・祝日も開設)

会場について

Q.どこで接種できますか?

3回目接種
1・2回目接種

各医療機関の予約受付状況は、厚生労働省「コロナワクチンナビ」(外部リンク)のページで確認できます。(サイトに登録済みの医療機関のみ)

接種券について

Q1.接種券はいつ送られますか?

3回目の接種券について

接種可能日(2回目接種日から概ね5カ月経過後)から概ね2週間前を目途に発送予定です。詳しくは、新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)に関するお知らせをご覧ください。

補足事項
2回目の接種後に三鷹市に転入したかたは、3回目の接種券の発送に「接種履歴届」の提出が必要です。
詳しくは転入した後に新型コロナワクチンの3回目接種を希望するかたへをご覧ください。
また、海外で接種を受けた後に日本国内での接種を希望するかたも、届出が必要になります。
詳しくは海外で新型コロナワクチン接種を受けたかたへをご覧ください。
1回目、2回目の接種券について
  • これから12歳になるかたへは、誕生日からおおよそ2週間以内に発送しております。
  • 三鷹市に転入したかたで、接種を希望するかたは市コールセンターへご連絡ください。

Q2.住民登録地以外の住所に送ってもらえませんか?

原則住所地での接種となっていることから、住民票記載の住所にお送りさせていただいております。
やむを得ず別の場所に送付をご希望の場合は、三鷹市新型コロナワクチン接種コールセンター(0570-026-567、通話料がかかります)へご相談ください。

Q3.接種券を紛失してしまった場合はどうしたらよいですか?

接種券の再発行をご希望のかたは、以下の申請書類を新型コロナウイルスワクチン接種実施本部事務局宛にご郵送ください。

申請書類
  1. 接種券再発行申請書
    本ページ下部から「接種券再発行申請書」をダウンロードしてご利用ください。
  2. 本人確認書類の写し
    返送先の住所が記載されたマイナンバーカード表面(通知カード不可、裏面は不要)・運転免許証・健康保険証・在留カード等が該当します。
    ※住所が裏面に記載されている場合は、裏面の写しが必要です。
  3. 委任状(代理人が申請する場合のみ)
    本人以外のかた(代理人)が申請する場合には委任状(任意様式)が必要です。
  4. 代理人の本人確認書類の写し(代理人が申請する場合のみ)
    本人以外のかた(代理人)が申請する場合には、代理人の本人確認書類の写しが必要です。
送付先

〒181-0004
三鷹市新川六丁目37番1号 
新型コロナウイルスワクチン接種実施本部事務局

予約について

Q1.接種までの手続きはどうなりますか?

市からお送りした接種券をお手元にご用意いただき、事前に予約をお取りいただく必要があります。予約方法の詳細は「新型コロナワクチン接種の予約について」をご確認ください。

接種当日の受付について

Q1.接種当日の持ち物は何ですか?

本人確認書類、接種券(接種券一体型予診票)、接種済証の3点をお持ちください。

Q2.本人確認書類はどのようなものがありますか?

マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど、公的機関が発行した氏名・生年月日・住所が確認できるものです。

Q3.接種当日までに準備することはありますか?

接種券と一緒に市から送付した書類をお読みいただき、予診票の質問事項を埋めてください。また、健康上の不安があるかたは、かかりつけ医に事前に相談してください。

Q4.1・2回目の接種後に新型コロナウイルスに感染した場合、3回目接種を受けることはできますか?

感染してから接種を受けるまでは、1・2回目接種、3回目接種にかかわらず、必ずしも一定の期間を空ける必要はありません。
(1回目と2回目の接種では3週間または4週間以上、2回目と3回目の接種では5カ月以上の間隔を空ける必要があります。)

一方で、厚生労働省の審議会において議論された結果、感染後から3回目接種までの接種間隔は、暫定的に3カ月を一つの目安とされています。

詳しくは厚生労働省のホームページ(外部リンク)をご確認いただき、接種を希望する際は、かかりつけ医や感染後に治療を行った医師等にご相談ください。

市外での接種について

Q1.市外の医療機関や高齢者施設で接種できますか

該当の医療機関や高齢者施設でコロナワクチンを取り扱っていて、かつ、その所在自治体がやむを得ない事情があると認めた場合には、住民票所在地以外でも接種を受けることができます。

また、接種を受けることができる場合であっても、事前に一定のお手続きをしていただく必要がございます。お手続きの方法については、該当の医療機関や高齢者施設の所在自治体にご確認ください。

Q2.やむを得ない事情とはどのようなものですか?

国から示されている例としては、次のとおりです。

  • 出産のため里帰りをしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • DV、ストーカー、児童虐待およびこれに準じる行為の被害者
  • 入院、入所者、基礎疾患を持つかたが主治医の下で接種する場合
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における、当該サービスの利用者
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障がい者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 国または都が設置する「大規模接種会場」、「武田/モデルナ社ワクチン接種センター」または「アストラゼネカ社ワクチン接種センター」で接種を受ける場合
  • 職域接種を受ける場合
  • 船員が寄港地等で接種を受ける場合
  • 災害被害者
  • 拘束、留置されている者、受刑者
  • 市が他市の住民の接種を受け入れを可能と判断する場合
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地以外に居住しているかた
  • その他市長がやむを得ない事情があると認める者

三鷹市に住民票がないかたで、三鷹市で接種を希望するかた

Q1.三鷹市に住民票がありませんが、三鷹市で接種できますか?

やむを得ない事情があれば接種できます。

ページ下部の添付ファイルから「住所地外接種届(申請書)」をダウンロードしていただき、住所地の自治体から送られる接種券(写し)と合わせて下記宛てに郵送してください。

郵送先

〒181-0004
三鷹市新川六丁目37番1号 新型コロナウイルスワクチン接種実施本部事務局

市に届いてから1週間程度で可否を判断し、やむを得ない事情があると認めたかたには「住所地外接種申請済証」と予約方法のご案内をお送りいたします。

接種券が届いた後、転出したかた(市外へ住民票を移したかた)

Q1.市外へ住民票を移しましたが、三鷹市の接種券は使えますか?

三鷹市の接種券は使えません。接種日に住民票のある自治体で接種を受けることとなっているため、市外へ住民票を移した場合は、その自治体で新たに接種券の交付を受ける必要があります。詳しくは転入先の自治体にご確認ください。

基礎疾患について

Q1.基礎疾患の範囲を教えてください。

以下の病気や状態のかたで、通院や入院しているかたです。

なお、判断に迷う場合は、かかりつけ医にご確認ください。

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
基準(BMI 30以上)を満たす肥満のかた
  •  BMI = 体重(キログラム)÷ 身長(メートル)÷ 身長(メートル)
  •  BMI 30の目安は身長170センチメートルで体重87キログラム、身長160センチメートルで体重77キログラム

Q2.基礎疾患を証明する診断書等は必要ですか?

診断書等は必要ありません。

予診票の「現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けていますか。」の欄に病名を記入して、当日会場にご持参ください。

接種を受けたことの証明について

Q1.接種を受けたことを証明してほしい場合はどうしたらよいですか?

接種を受けたときに発行された接種済証(または接種記録書)によって証明されます。

また、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)により接種記録を証明することも可能です。
ワクチンパスポートの申請方法等、詳細はこちらをご確認ください。

Q2.ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは何ですか?

新型コロナワクチンの接種を受けたことを公的に証明するもので、接種時に住民票のあった自治体で発行できます。
また、ワクチン接種証明書には「国内用」と「海外用・国内用」があり、どちらも日本語と英語の併記となっています。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 三鷹市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151 

■三鷹市新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-026-567【受付時間:平日午前9時から午後5時】
※ナビダイヤルに接続後、オペレーターにお繋ぎします。

三鷹市新型コロナウイルスワクチン接種実施本部のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る