ここから本文です

忘新年会の食品ロス削減にご協力ください

作成・発信部署:生活環境部 ごみ対策課

公開日:2019年11月29日 最終更新日:2019年11月29日

食品ロスとは

食品ロスとは本来食べられるのにも関わらず捨てられた食品のことです。日本国内で発生する食品ロスは年間643万トン(平成28年度)と推計され、世界の食品援助量の約2倍の量の食べられる物が廃棄されています。特に宴会では、多くの食べ残しが発生しているので、これからの忘新年会シーズンの食品ロスの削減に向けてみなさまのご協力をお願いします。

宴会時の食品ロスを減らすには?

「もったいない」を心がけ、おいしく楽しく宴を楽しみましょう

  1. 乾杯後、しばらくは席を離れずに料理を楽しみましょう。
  2. 食べきれない、食べられない料理がある場合は、宴会に参加された方での共有をしましょう。
  3. 宴会中に離席してしまった時は宴会が終わる前までに、自分の席に戻って出された料理を楽しみましょう。

幹事をされる方へ

  1. 参加者の構成等を踏まえ、料理(コース)の内容や量を確認して注文しましょう。
  2. 参加者へ食品ロス削減の呼びかけをお願いいたします。

このページの作成・発信部署

生活環境部 ごみ対策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2533~2536) 
ファクス:0422-47-5196

三鷹市役所生活環境部ごみ対策課 0422(45)1151内線2533~2536

ごみ対策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る