ここから本文です

高額療養費(平成29年8月から平成30年7月診療分)

作成・発信部署:市民部 保険課

公開日:2019年12月20日 最終更新日:2019年12月20日

ひと月の医療費の自己負担額が自己負担限度額(世帯の所得により判定)を超えた場合は、その超えた金額が高額療養費として申請により支給されます。
※平成30年8月診療分から、70歳以上75歳未満のかたの区分及び限度額が変更となっております。詳しくは下記関連リンクの「高額療養費について(平成30年8月診療以降分)」を参照ください。

自己負担限度額表

70歳以上のかた
適用区分 外来 限度額(個人ごと) 外来+入院 限度額(世帯単位)
現役並み所得者
(下記補足事項1参照)
57,600円 年3回目まで80,100円
(医療費が267,000円を超えた場合は,その超えた分の1%を加算)
年4回目以降は44,400円となります。
一般


14,000円(年間144,000円上限) 年3回目まで57,600円
年4回目以降は44,400円となります。
住民税非課税2
(下記補足事項2参照)

8,000円 24,600円
住民税非課税1
(下記補足事項3参照)

8,000円 15,000円

※平成29年8月診療分より、新たに一般区分については、1年間(8月から翌7月)の外来の自己負担額の合計額に年間144,000円の上限が設けられました。

補足事項

1 同一世帯に、70歳以上の被保険者で課税所得145万円以上のかたがいる世帯となります。(単身世帯で年収383万円未満、夫婦2人世帯の場合年収520万未満の世帯は、申請により一般世帯となります)

2 住民税非課税世帯のうち住民税非課税1に該当しない世帯となります。

3 住民税非課税世帯のうち、世帯員の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる世帯となります。
(例 単身世帯かつ年金収入のみで、その金額が80万円以下の場合)

このページの作成・発信部署

市民部 保険課 国保給付係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2386~2388) 
ファクス:0422-41-4531

保険課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る