ここから本文です

三鷹市子ども発達支援センター

作成・発信部署:子ども政策部 子ども発達支援課

公開日:2020年10月14日 最終更新日:2020年10月14日

画像:子ども発達支援センター受付の様子(拡大画像へのリンク)

子ども発達支援センター受付

(画像クリックで拡大 12KB)

三鷹市子ども発達支援センターの再開について

10月13日(火曜日)まで臨時休館をしていましたが、10月14日(水曜日)から通常通り再開します。また、当該施設で実施している親子ひろば「ひよこ」及び、一時預かり事業「ほしのこ」も再開します。

全ての子育て家庭を支援します

子育てと子どもの発達に関するあらゆる相談に対応します
また、地域子育て支援拠点としての機能として親子ひろばや一時保育、利用者支援を行います

事業内容

子ども発達支援センターで実施している事業の概要を紹介します
詳しい内容はページ下部の各種リンクページをご覧ください

 利用者支援事業

  • (1)子育てステーションたかのこ

対象:妊娠期~18歳の子どもとその保護者
子育てに関するあらゆる相談、問い合わせに応じます。

  • (2)子育て支援プログラム

プログラムへの参加を通して、情報提供や助言を行い、子育ての不安等を緩和し、子育てに積極的に向かえるように支援します。

 親子ひろばひよこ

対象:0歳から3歳(4歳になる年度の3月まで)の児童とその保護者
保育士や子育てサポーターが一緒にあそんだり、お話ししたりします

 一時保育ほしのこ

対象:1歳から就学までの集団保育が可能なお子さん
保護者の元気創造プラザ利用時など、短時間、最大4時間までお子さんをお預かりします

 児童発達支援事業

対象:0歳から就学までのお子さんとその保護者、また地域の子育て支援施設職員

2歳から就学前までの発達に課題のあるお子さんに向けた通園施設です。毎日の通園の中で、あそびや課題を通し、人との関わる力や生活習慣の自立を援助します。

  • (2)保育所等訪問支援事業

訪問支援員が保育所等に訪問し、保育活動の中に入り、直接支援を行います。また保育活動や環境関わり方について、保育所等の職員に助言する間接支援も行います。

障がい児相談支援事業・計画相談事業

子どもの抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、サービス利用計画作成を行います。

 地域生活支援事業

  • (1)理解促進研修・啓発事業

発達に関する理解の促進のために、子ども発達支援センター公開療育、地域支援セミナー、地域支援者向け講座などを開催します。
開催が決まり次第イベント・講座のページにお知らせをしています。
イベント・講座のページへ

  • (2)巡回発達相談

発達において何らかの課題があり、保育をする上で難しさのある子どもが、地域の中で健やかに成長することができるよう、市内幼稚園、保育園等の職員に保育活動、環境調整、関わり方等について助言を行ないます。

施設の概要

名称
三鷹市子ども発達支援センター
所在地
三鷹市新川六丁目37番1号
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)
施設規模
建物面積1,368.118平方メートル
施設内容
相談室、親子ひろば、一時保育、療育室、交流サロン、事務室ほか
開所日時
月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時
運営方法
三鷹市の直営です
料金
児童発達支援事業の療育及び一時保育は有料になります
上記以外の利用は無料です

このページの作成・発信部署

子ども政策部 子ども発達支援課 子ども発達支援センター
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1122 
ファクス:0422-45-1178

子ども発達支援課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る