ここから本文です

住民基本台帳カードのその他の手続き

作成・発信部署:市民部 市民課

公開日:2012年7月9日 最終更新日:2019年12月18日

住民基本台帳カードの交付は、平成27年12月28日(月曜日)をもって終了しました。マイナンバー(社会保障・税番号)制度の導入に伴い、平成28年1月以降は、マイナンバーカード(個人番号カード)へ変わります。詳しくは、「住民基本台帳カードと電子証明書の交付終了」をご確認ください。すでに交付されている住民基本台帳カードは引き続き有効期限までお使いいただけます。

住民基本台帳カードの券面記載事項変更

 住民異動の手続き(転入・転居など)や氏名変更等に伴い、住民基本台帳カードの券面記載事項に変更が生じた際には、住民基本台帳カードの券面記載事項を更新する必要があります。

注意事項(転入されるかたへ)
1.転入日から14日以内、かつ転出予定日から30日以内に転入届を提出する必要があります。
2.転入届出日から90日以内に継続利用の申請をする必要があります。
3.1及び2の期間内に手続きを行わないとカードが失効しますので、ご注意ください。

届出に必要なもの

  • 住民基本台帳カード(暗証番号の入力が必要です。)
  • 表面記載事項変更届または継続利用申請(窓口にてお渡しいたします。)
注意事項
1.ご本人または新住所で同一世帯になるかたが手続きできます。
2.住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書は、住所、氏名等の変更に伴い、自動的に失効します(電子証明書の搭載は選択制)。電子証明書の搭載を希望される方は、マイナンバーカードを申請する必要があります。
3.住民基本台帳カードを利用したサービス(証明書交付サービス)を希望される

住民基本台帳カードを継続して利用できるようになりました

 これまで住民基本台帳カードは、転出届の際に返納していただいておりましたが、住民基本台帳法の改正に伴い、平成24年7月9日から他の市区町村に転出しても、継続して利用することが可能になりました。
 なお、市区町村ごとに独自で行われている住民基本台帳カードを利用したサービス(証明書のコンビニ交付サービスなど)は、利用できなくなります。転入先の市区町村で別途申請が必要になります。

継続して利用するには

三鷹市発行の住民基本台帳カードをお持ちのかた

 具体的な手続き方法は市区町村ごとに異なりますので、転入先の市区町村にお問い合わせください。

三鷹市以外の市区町村発行の住民基本台帳カードをお持ちのかた

 転入手続きの際に住民基本台帳カードをお持ちいただき、継続して利用したい旨をお申し出ください。ご希望のサービスによっては継続利用ができない場合もありますので、ご了承ください。

注意事項

 三鷹市に転入手続きをしてから、90日以内に手続きをしないと、継続利用ができなくなりますのでご注意ください。

このページの作成・発信部署

市民部 市民課 届出・証明係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2326~2328) 
ファクス:0422-45-1298

市民課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る