ここから本文です

調整控除

作成・発信部署:市民部 市民税課

公開日:2020年1月17日 最終更新日:2020年1月17日

 調整控除(令和2年度市民税・都民税用)とは、「所得税から個人住民税への税源移譲」に伴い、所得税と個人住民税の人的控除額(基礎控除、扶養控除など)の差額から税負担が増えないように調整するため、個人住民税の所得割額から一定額を控除するものです。

対象者

全ての納税義務者

計算方法

調整控除額は、次により計算した額になります。

◆個人住民税の合計課税所得金額が200万円以下である場合、

次のAとBのいずれか少ない額×5%(市民税3%・都民税2%)

◆個人住民税の合計課税所得金額が200万円を超える場合、

{A-(B-200万円)}×5%(市民税3%・都民税2%)。ただし、この額が2,500円(市民税1,500円・都民税1,000円)未満の場合は2,500円(市民税1,500円・都民税1,000円)になります。

A.あなたが適用を受ける人的控除に対応する人的控除差額の合計額

※ 「あなたが適用を受ける人的控除に対応する人的控除差額の合計額」とは、各納税義務者が適用されている人的控除に応じ、以下の表に掲げる人的控除差額を合計した額です。

B.個人住民税の合計課税所得金額

※ 「合計課税所得金額」とは、所得控除後の課税総所得金額、課税退職所得金額と課税山林所得金額の合計額です。

人的控除額差額一覧表

配偶者控除及び配偶者特別控除以外の人的控除差額一覧表(表1)

表1 配偶者控除及び配偶者特別控除以外の人的控除差額一覧表
控除の種類 人的控除差額
寡婦控除(寡婦)
寡夫控除(寡夫)
1万円
寡婦控除(特別の寡婦) 5万円
勤労学生控除 1万円
障害者控除(その他の障害者) 1万円
障害者控除(特別障害者) 10万円
障害者控除(同居特別障害者) 22万円
扶養控除(一般扶養親族) 5万円
扶養控除(特定扶養親族) 18万円
扶養控除(老人扶養親族) 10万円
扶養控除(同居老親等扶養親族) 13万円
基礎控除 5万円

配偶者控除の人的控除差額一覧表(表2-1、表2-2)

表2-1 控除対象配偶者が昭和25年1月2日以降にお生まれの場合
あなたの前年の合計所得金額 人的控除差額
900万円以下のとき 5万円
950万円以下のとき 4万円
950万円を超え1,000万円以下のとき 2万円
表2-2 控除対象配偶者が昭和25年1月1日以前にお生まれの場合
あなたの前年の合計所得金額 人的控除差額
900万円以下のとき 10万円
950万円以下のとき 6万円
950万円を超え1,000万円以下のとき 3万円

配偶者特別控除の人的控除差額一覧表(表3-1、表3-2)

表3-1 配偶者の合計所得金額が38万円を超え40万円未満のとき
あなたの前年の合計所得金額 人的控除差額
900万円以下のとき 5万円
950万円以下のとき 4万円
950万円を超え1,000万円以下のとき 2万円
表3-2 配偶者の合計所得金額が40万円以上45万円未満のとき
あなたの前年の合計所得金額 人的控除差額
900万円以下のとき 3万円
950万円以下のとき 2万円
950万円を超え1,000万円以下のとき 1万円

このページの作成・発信部署

市民部 市民税課 市民税係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2342~2348) 
ファクス:0422-48-2095

市民税課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る