ここから本文です

【報道発表】三鷹市緊急対応方針(第4弾)の策定について

※このページは、報道機関向けに下記の日付で市の最新情報を提供した際の資料を掲載しています。ページを閲覧した時点の最新の情報とは限りませんので、ご注意ください。

作成・発信部署:企画部 広報メディア課

公開日:2020年11月17日 最終更新日:2020年11月17日

2020年11月17日 発表

新型コロナウイルス感染症 三鷹市緊急対応方針(第4弾)

これまで三鷹市では、全3弾にわたる「新型コロナウイルス感染症 緊急対応方針」をとりまとめ、感染予防対策、検査体制の充実、医療支援など、市民に身近な基礎自治体として、きめ細かな対策を講じてきました。しかし、11月に入り、全国的に再び感染者数が増加の兆しを見せており、新たな波への備えが必要な状況にあります。

そこで、更なる感染拡大防止対策とともに、これまで支援が届かなかった施策を盛り込みながら、アフターコロナや次年度予算を見据えた「緊急対応方針(第4弾)」をとりまとめました。引き続き同方針に基づき、切れ目のない感染症対策を進めていきます。

あわせて、第1弾~第3弾の取組状況(10月31日現在)をまとめて公表しています。 

三鷹市緊急対応方針(第4弾)の概要

  1. 重症化リスクの高い施設等へのPCR検査費用等の助成、高齢者インフルエンザ定期予防接種の全額公費負担での実施
  2. キャッシュレス決済サービス等の導入、非接触型行政手続きの基盤となるマイナンバーカードの更なる普及促進
  3. 心と体の健康づくりの支援(オンラインによる市民駅伝大会の開催、市内のアーティスト支援、図書館での電子書籍の導入など)
  4. 「新しい生活様式」に対応した市民活動の支援(国際交流協会での非接触型事業の試行、生涯学習センターのデジタル環境の整備と講習会の開催)
  5. タブレット端末等を活用したオンライン会議の推進、児童・生徒1人1台タブレット端末の円滑な利用に向けた基盤整備
  6. 粗大ごみ収集体制の拡充による待ち時間の短縮
  7. 感染状況を踏まえた実施期間の延長(PCRセンター、デリバリー三鷹など)
  8. 修学旅行における公費負担の拡充と感染症対策の徹底

同方針の全文及び第1弾から第3弾までの取組状況(10月31日現在)

このページの作成・発信部署

企画部 広報メディア課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

広報メディア課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る