ここから本文です

フォトニュース:2021年10月

各記事のタイトルをクリックすると、詳細ページをご覧いただけます。

第68回三鷹市市民文化祭が始まりました!

画像:開会式直後に行われた「午後のクラシック」の舞台風景

開会式直後に行われた「午後のクラシック」

10月30日(土曜日)、爽やかな秋晴れのもと、芸術文化センター風のホールで第68回三鷹市市民文化祭開会式が開催されました。
また、開会式直後に開催された、「午後のクラシック」では、管弦楽やピアノの音色がホール内に響き渡り、穏やかな午後のひと時を彩りました。
11月28日(日曜日)までの1カ月にわたり、市民の皆様によるさまざまな展示や発表が行われますので、ぜひご来場ください。

みたかジュニアビレッジで収穫祭を行いました

画像:生徒が畑でさつまいもを収穫する様子の写真

生徒が畑でさつまいもを収穫する様子

三鷹市では、子どもたちの多様で豊かな「新しい放課後」づくりに向けた取組として「みたかジュニアビレッジ事業」を行っています。今年度は、三鷹市立第四中学校において、地域団体まちラボみたかが中心となり、地域の専門家などの支援を受けて、活動に参加する生徒たちが農業体験をとおして、収穫物の商品開発・販売などを実践します。10月27日(水曜日)に、教育長も参加し、収穫祭を行い、さつまいもを収穫しました。今後、生徒たちが、このさつまいもを使って商品開発に取り組んでいきます。

史跡玉川上水について東京都に要望書を提出

画像:望書を提出する様子の写真

要望書を提出する様子(左側:三鷹市長、右側:武市副知事)

令和3年10月27日(水曜日)、東京都の武市敬副知事へ「史跡玉川上水における環境への配慮及び地域住民への対応について」の要望書を提出しました。

環境ポスター表彰式を行いました 

画像:受賞者のみなさんの集合写真

受賞者の皆さん

10月27日(水曜日)に環境ポスターの表彰式が行われました。
市内在住・在学の小学生を対象に、『こんな三鷹にしたい ~持続可能な暮らしと自然~』というテーマで募集し、852点の応募がありました。三鷹市環境基金活用委員会による厳正な審査の結果、13点の優秀作品が選ばれました。

環境標語表彰式を行いました

画像:受賞者の皆さん

受賞者の皆さん

テーマ「すぐ実行 わたしのエコ活動―みたかのエコ活」について、69点の作品をお寄せいただきました。

市長賞をはじめとする12点の入賞作品について、10月27日に表彰式を行い、入賞者に賞状を贈呈いたしました。

Poki(ポキ)の壁紙を配信中

画像:木の枝に並んだポキの壁紙

木の枝に並んだポキの壁紙

Poki(ポキ)のかわいい壁紙が新登場!
スタジオジブリの宮崎駿監督がデザインし、令和3年10月に三鷹の森ジブリ美術館とともに誕生20周年を迎えた三鷹のキャラクター「Poki(ポキ)」のオリジナル壁紙ができました。壁紙は計20種類で、パソコンやスマートフォン、オンライン会議の背景などに最適です。
株式会社まちづくり三鷹のホームページから無料でダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

自助と共助の防災力を高める!三鷹市総合防災訓練

画像:写真・担架搬送訓練の様子

担架搬送訓練の様子

10月17日、自衛隊、警察、消防などの防災関係機関や医療機関、そして地域の自主防災組織に加え、第四中学校、第三小学校の生徒などが参加して、三鷹市総合防災訓練を実施しました。

今年の総合防災訓練は、規模縮小のうえ、人数制限を設け、参加者を事前申込制としたほか、全参加者へのマスクの着用徹底やアルコール消毒液の配布など、感染防止対策を徹底して訓練を実施しました。

絵本「スポレンジャーラガマルくん」の寄贈式が行われました

画像:絵本を手にした今江さんと河村市長の写真

絵本を手にした今江さんと河村市長

10月8日(金曜日)日本のラグビー界を盛り上げるために活躍している「ラガマルくん」が登場する絵本「スポレンジャーラガマルくん」の作者である今江 正城(いまえ まさしろ)さんにより、寄贈されました。

ページトップに戻る