ここから本文です

フォトニュース:2019年8月

各記事のタイトルをクリックすると、詳細ページをご覧いただけます。

大沢の里古民家で「納涼怪談」を実施しました

画像:古民家に現れた妖怪を能面を使ってイメージした写真

ヒュードロドロー大沢の里古民家に現れた妖怪さん

「大沢の里古民家のイベント「納涼怪談~古民家には妖怪がいっぱい~」を行いました。 当日は、古民家に因む妖怪の紹介、出山横穴墓8号墓にみる、古墳時代のあの世のイメージと葬制の違い、古民家内部での肝試し、実際にあった怖いお話しを聞く、盛りだくさんのメニューで、満員の参加者の方々に、蒸し暑い夜に背筋が寒くなるような体験を味わっていただきました。

三鷹ゆかりのパラローイング選手 有安諒平さんが表敬訪問

画像:有安選手と三鷹市、三鷹市議会関係者の記念写真

有安選手と三鷹市、三鷹市議会関係者の記念写真

2019年8月25日(日曜日)から9月1日(日曜日)までの間に、オーストリアで開催されるボート世界選手権2019のパラローイングPR3 Mix4+(パラリンピック・ボート種目)に、日本代表として出場する杏林大学院生(医学研究科統合生理学教室博士課程)の有安諒平選手が、三鷹市を表敬訪問されました。

戦没者追悼式並びに平和祈念式典を開催しました

画像:市立第三小学校合唱団によるコーラスの写真

市立第三小学校合唱団によるコーラス

世代をこえて平和を考える日 三鷹市では、戦争の記憶の風化を防ぎ、21世紀を平和の世紀としていく意識を醸成するため、8月15日を「世代をこえて平和を考える日」と位置付け、第二次世界大戦で犠牲になられたかたがたのご冥福を祈るとともに、平和を願い、平和について考えることを趣旨とした式典等を今年も開催しました。

ページトップに戻る