ここから本文です

新型コロナに対する臨時医療施設開設に関する要望書を提出

作成・発信部署:企画部 市長室

公開日:2021年8月27日 最終更新日:2021年8月27日

画像:梶原洋副知事に要望書を提出する6市の市長達の写真(拡大画像へのリンク)

要望書を提出する6市の市長

(画像クリックで拡大 32KB)

東京都知事あてに要望書を提出しました

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、三鷹市など6市(人口約100万人)を管轄する東京都北多摩南部医療圏において、自宅療養者全員への適切な医療ケアを施すことが極めて困難な状況にあります。

そこで、8月26日、河村孝・三鷹市長、松下玲子・武蔵野市長、高野律雄・府中市長、長友貴樹・調布市長、西岡真一郎・小金井市長及び松原俊雄・狛江市長が東京都を訪問し、小池百合子東京都知事あての「二次保健医療圏内の臨時医療施設開設に関する緊急要望」を梶原洋副知事に提出しました。

要望書の内容については、二次保健医療圏内の臨時医療施設開設に関する緊急要望をご覧ください。

画像:梶原洋副知事に要望書を提出する6市の市長達の写真(拡大画像へのリンク)

要望書を説明する6市の市長

(画像クリックで拡大 31KB)

このページの作成・発信部署

企画部 市長室
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2011) 
ファクス:0422-48-2593

市長室のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る