ここから本文です

三鷹の教育についての提言をいただきました

作成・発信部署:教育委員会 教育政策推進室

公開日:2021年8月27日 最終更新日:2021年8月27日

画像:後藤彰座長から報告書を受け取る様子の写真(拡大画像へのリンク)

最終報告書受け取りの様子(右から河村市長、後藤座長、貝ノ瀬教育長)

(画像クリックで拡大 103KB)

「三鷹のこれからの教育を考える研究会」の最終報告を受け取りました

令和3826日(木曜日)、「三鷹のこれからの教育を考える研究会」の後藤彰座長(日本体育大学教授)から、研究会の提言をまとめた最終報告を受け取り、提言の内容や議論の様子についてお話を伺いました。

三鷹のこれからの教育を考える研究会は、「三鷹教育・子育て研究所」に令和2年7月に置かれ、後藤座長を含む12名の研究員が12回にわたる熱心な議論を行い、この度、最終報告として提言をまとめました。

三鷹教育・子育て研究所とは
三鷹市における教育・子育て支援のまちづくりに資する調査研究や提言を行うことなどを目的に、三鷹市、三鷹市教育委員会、特定非営利活動法人三鷹ネットワーク大学推進機構の三者が共同で設置した研究所。

最終報告の内容

最終報告では、三鷹の子どもたちが自らの幸せな人生とより良い社会の創造に向けて、主体的に「人間力」と「社会力」を発揮できるよう育むこと。そのために、

  1. 個別最適な学びなど、一人ひとりを大切にする教育の実現。
  2. 学校や子どもたちを「縁」としたつながりであるスクール・コミュニティの創造
  3. 学校教育、コミュニティ施設、災害時の拠点の3つの機能を融合したこれからの学校施設のあり方。

といった内容について提言されています。

最終報告については後日、三鷹教育・子育て研究所のウェブサイトにおいて公開する予定です。

このページの作成・発信部署

教育委員会 教育政策推進室
〒181-8505 東京都三鷹市下連雀九丁目11番7号
電話:0422-45-1151(内線:3221) 
ファクス:0422-43-0320

教育政策推進室のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る