ここから本文です

東京2020パラリンピック聖火「三鷹の火」採火式が行われました!

作成・発信部署:スポーツと文化部 スポーツ推進課

公開日:2021年8月20日 最終更新日:2021年8月20日

画像:起こした種火を一つに集火して「三鷹の火」が誕生する瞬間の写真(拡大画像へのリンク)

起こした種火を一つに集火して「三鷹の火」が誕生

(画像クリックで拡大 37KB)

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル「三鷹の火」採火式

東京2020パラリンピック聖火フェスティバルの一環として、「『三鷹の火』採火式」が8月20日(金曜日)に三鷹中央防災公園・元気創造プラザ中央広場において行われました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者のみでの開催となりましたが、河村三鷹市長をはじめ、三鷹市議会議員、東京都議会議員、東京2020大会等に向けた三鷹地域連携会議委員など、総勢31人の参加者の皆様により、「三鷹の火」が灯されました。

河村市長は、「障がいのある人もない人もその多様性を認めながら、よりよい地域社会と世界を作っていきましょう。本日、皆さんの力で「三鷹の火」を作り出し、「熱意」と「感謝の気持ち」をパラリンピック聖火につなげていきましょう。」とあいさつを行いました。
来賓を代表してごあいさつをいただいた、土屋三鷹市議会議長は、「ここで生まれる小さな「三鷹の火」がパラリンピックの大きな聖火となって、だれかの光となり、共生社会の力になると思うと、非常に感慨深いものです。」とお話しされました。

参加者の皆様が一致団結し、一生懸命にまいぎり式による火起こしを行い、無事に「三鷹の火」が灯されました。

誕生した「三鷹の火」は、同日午前11時40分から開催される東京都集火式において、都内すべての市区町村の火と統合され、「東京都の火」となります。さらに「東京都の火」は、同日夜20時から開催される全国集火式において、イギリスのストーク・マンデビルと全国47都道府県で採火した48個の火が一つに統合され、「東京2020パラリンピック聖火」となります。

画像:「三鷹の火」と参加者の皆さんの集合写真(拡大画像へのリンク)

「三鷹の火」と参加者の皆さん

(画像クリックで拡大 61KB)

三鷹市オリンピック聖火リレー点火セレモニー(概要)

「三鷹の火」採火式の様子を収めた映像(ダイジェスト版)を三鷹市スポーツと文化部YouTubeチャンネルにて後日公開予定です。

「三鷹の火」が誕生する瞬間をぜひご覧ください。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 スポーツ推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-29-9863 
ファクス:0422-45-1167

スポーツ推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る