ここから本文です

三鷹青年会議所からマスクの寄贈を受けました

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2020年6月23日 最終更新日:2020年6月23日

画像:三鷹青年会議所の中山理事長(左から3人目)と河村市長(中央)(拡大画像へのリンク)

三鷹青年会議所の中山理事長(左から3人目)と河村市長(中央)

(画像クリックで拡大 34KB)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に活用させていただきます

令和2年6月22日に、三鷹青年会議所から三鷹市内の新型コロナウイルス感染症対策に役立ててほしいとマスクの寄贈を受けました。

三鷹青年会議所は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、地域に貢献するための方策として「みたかマスクプロジェクト」を企画されました。このプロジェクトはマスク(未開封のマスクや手作りマスク)の回収ボックスを市内のスーパーマーケットへ設置し、集めたマスクは三鷹市を通じて必要とする施設等へ配布するという企画で、SNSを活用し広く周知されました。

中山理事長からは、今後も地域のために今できることは何かを三鷹青年会議所として考え取り組んでいきたいと、心強いお言葉をいただきました。

寄贈を受けたマスクは、市内の福祉・介護施設や関係団体等に配布するなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止等に活用させていただきます。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204) 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る