ここから本文です

ごみの収集中に車両火災が発生しました

作成・発信部署:生活環境部 ごみ対策課

公開日:2020年11月20日 最終更新日:2020年11月20日

画像:火災の原因となった掃除機のバッテリーの写真(拡大画像へのリンク)

火災の原因となった掃除機のバッテリー

(画像クリックで拡大 49KB)

バッテリー(充電式電池)をごみに出すときはご注意ください

11月18日午前中、下連雀1丁目付近で、燃やせないごみの収集の際に車両火災が起きました。
今回は、収集員がいち早く気がつき、初期消火を行ったため、大きな被害にならずにすみましたが、ひとつ間違えれば、車両全体に火がまわり、周辺住宅にも飛び火する恐れがあります。

車両火災は、調査の結果、燃やせないごみとして出された「掃除機のバッテリー」が、収集車両の中で圧縮され、発火した事が主な原因であるとが分かりました。

バッテリーは、市では収集できませんので、販売店にご相談いただくか、最寄りの電器店などに置いてある「小型充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。

今後とも、ごみの分別と適正な排出にご協力をお願いします。

このページの作成・発信部署

生活環境部 ごみ対策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2533~2536) 
ファクス:0422-47-5196

ごみ対策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。
  • この記入欄からいただいたご意見には回答できません。
  • 回答が必要な内容はご意見・お問い合わせからお願いします。

集計結果を見る

ページトップに戻る