ここから本文です

ジョギングエチケットを守りましょう

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2020年5月22日 最終更新日:2020年5月22日

ジョギングに関する苦情が市に寄せられています

外出自粛生活が長引く中、ジョギングをするかたが増えています。

ジョギングは、運動不足の解消やリフレッシュ、健康の保持増進などに効果的ですが、走っている最中に大きな息をすると、周りの人にウイルスを拡散してしまう可能性も指摘されており、最近ではランナーに対して、市に苦情が寄せられることもあります。

「ジョギングエチケット」のお願い

ジョギングは少人数で、人とすれ違うときは距離を取るマナーを守りましょう。

また、周りの人へのエチケットとして、ジョギングをする際もマスクの着用をお願いします。最近では、薄手で呼吸がしやすいスポーツ用のマスクも販売されています。

一方で、蒸し暑い日が増えてきましたので、熱中症への注意も必要です。いつもよりスピードを落として運動強度を下げたり、こまめに水分を取ることなどを心掛けてください。

歩行者、自転車、自動車など、周囲に注意を払い、エチケットを守ってジョギングを楽しみましょう。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204/4212、4213/4222~4228) 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る