ここから本文です

新型コロナウイルスの影響で納税が困難なかたへ 

作成・発信部署:市民部 納税課

公開日:2020年5月15日 最終更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染症により納税が困難となったかたに対する猶予制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により、各種市税を一時に納付することができない場合は納税課までご相談ください。
担当職員がご事情を伺った上で、今後の納付方法についてご案内します。

納税の猶予制度

納税の猶予制度には「徴収猶予」と「換価の猶予」があります。
また、地方税法等の一部が改正され、「徴収猶予」に新型コロナウイルス感染症に係る「特例制度」が設けられました。

徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があったかたは、1年間を限度として市税の納付(徴収)が猶予されます。この間の担保の提供は不要であり、また、状況によっては、この期間内に計画的に納付していただくこともできます。

徴収猶予が認められると

  • 最大1年間納付(徴収)が猶予されます。
  • 猶予期間に限り、延滞金がかかりません。

対象となるかた

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1カ月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

以上のいずれも満たすかたが対象です。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期が到来する各種市税

手続きの方法

  • 法令の施行日(4月30日)から2カ月後、または、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。
  • 申請書のほか、収入や現金、預貯金に関する資料等の提出をお願いします。提出が難しい場合、まずは聞き取り等で詳細をお伺いするなど、柔軟に対応します。

問い合わせ窓口

市役所本庁舎2階25番窓口

※新型コロナウイルスの影響に伴い、ご来庁の皆さまの健康と安全を考慮し、執務室の定期的な換気のほか、職員の手洗い、うがい、マスクの着用を励行しております。
また、皆様への感染リスクをさらに減少させるため、相談窓口に遮蔽措置を設けています。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

このページの作成・発信部署

市民部 納税課 納税整理係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2422、2423、2432~2439) 
ファクス:0422-48-2812

納税課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る