ここから本文です

健康コラム「老いの心得 フレイル予防」

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2020年2月14日 最終更新日:2020年2月14日

フレイルの予防

日本人の平均寿命は、今や、男女共に80歳を越えてきました。さらには、人生100年の時代が到来するとまで言われ始めたのです。では、このありがたい人生を自分らしく、どう楽しく生き抜いたらよいのでしょう。
個人差があるかと思いますが、70歳を超える頃から心身の働きが衰え始めたことを強く感じるようになるでしょう。

高齢になるにつれ、私たちの脳の働きや身体の働きは弱ってきます。若い時に比べると記憶力も衰え、体力も落ちてきます。
物忘れをしたり、人の名前を思い出せずに認知症になったかと心配したり、また、歩くのが遅くなり、つまずきやすくもなったりして、足腰の力が弱ってきたことにも気付きます。
物を食べたり飲んだりする時にも、それが喉につかえ、むせたり、せき込んだりすることも多くなります。

このようにトシを重ねるにつれて、精神力(気力)や体力(筋肉)の衰えが起こるのは誰にでも起こる自然の成り行きです。これらは、いわば、老化現象でもありますが、最近ではフレイルといわれるようになりました。
老いゆく人生で大切なことは、フレイルをただ嘆くのではなく、そのフレイル予防に努力して、明朗闊達(かったつ)な楽しい余生を送ることです。つまり、フレイルの流れ方を穏やかにして健康寿命を延ばすことです。

それには自分に見合った快適な生活リズムを整え、毎日よく食べ、よく歩くこと。家にこもらず、買い物などの用事を見つけては外出すること。おしゃべりを楽しめる場や相手を見つけること。小さなことでも自分なりに楽しめる生活目標を持ち続けることが大切です。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204) 
ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る