ここから本文です

【中止】三鷹市内の戦跡を訪ねるフィールドワーク講座

作成・発信部署:企画部 企画経営課

公開日:2020年2月14日 最終更新日:2020年2月25日

開催日
2020年3月15日(日曜日)
ジャンル
講座・教室・講演会
申し込み
必要
費用
無料
一時保育
なし
手話通訳など
要問い合わせ
画像:武蔵野の森公園に現存する掩体壕の写真(拡大画像へのリンク)

武蔵野の森公園に現存する掩体壕(えんたいごう)

(画像クリックで拡大 15KB)

※新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に伴い開催を中止します。来場されるかたの健康と安全を最優先に考えた措置となります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

「平和」とは何か、この講座をとおして、もう一度考えてみませんか

今からさかのぼること75年前、三鷹を含むこの武蔵野地域は、中島飛行機三鷹研究所、日本無線などの軍需工場、従業員のための営団住宅が建設され、当時は「飛行機工場の町」とよばれる「一大軍需工業地帯」でした。
これらの地域の「戦争遺跡(戦跡)」を実際に訪ね、戦後75年という節目にあたり改めて平和について学んでみませんか。

皆さまのご参加をお待ちしています。

講師

牛田守彦さん

(法政大学中学高等学校教諭・「武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会」副代表)

開催概要

日程

令和2年3月15日(日曜日)

第1部 講演「三鷹市内の戦争遺跡について」(午後1時30分~2時30分)

調布飛行場ターミナルビル

2階 防災会議室
調布市西町290の3

注意事項
解散場所は武蔵野の森公園内掩体壕周辺となり、集合場所と異なりますので、交通手段にご注意ください。なお、最寄りのバス停「野川公園入口」までは職員がご案内します。

第2部 大沢地区フィールドワーク(午後2時45分~4時30分)

  • 高射砲陣地台座と犠牲者慰霊碑(椎の実子供の家保育園)
  • 調布飛行場門柱
  • 旧特攻隊宿舎跡(大沢野川グラウンド)
  • 掩体壕「大沢1号・2号」(武蔵野の森公園)
補足事項
コースの全行程は約3キロメートルです(徒歩)。
コースは変更となる場合があります。
注意事項
  • 小雨時決行、荒天時は、第1部に引き続き調布飛行場ターミナルビル2階防災会議室で戦跡の紹介を行います。 
  • フィールドワーク終了後は現地解散となります。交通手段にご注意ください。
  • 自転車でのフィールドワーク参加はできません。

主催

三鷹市

定員

25人(中学生以上対象)

注意事項
応募多数の場合は、市民優先にて抽選を行います。
抽選結果は当落に関わらず、3月11日(水曜日)までにご連絡します。

お申し込み方法

講座参加、手話通訳をご希望のかたは、普通はがき、ファクスもしくは電子申請(外部リンク)で、以下の必要事項をご記入のうえ、下記お申し込み先へ2月28日(金曜日)までにお申し込みください(はがきの場合は当日消印有効)。

  1. 講座名「戦跡を訪ねるフィールドワーク講座」
  2. 氏名(ふりがな)
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. 手話通訳の希望

お申し込み・お問い合わせ先

企画経営課平和・女性・国際化推進係

電話 0422-45-1151(内線2115)
ファクス 0422-29-9279

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

企画部 企画経営課 平和・女性・国際化推進係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2115、2116) 
ファクス:0422-48-1419

企画経営課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る